道内では珍しい、
お子様専門のメガネ店です。

プティ・ミニョンとはフランス語で「小さくてかわいい」という意味です。
日々成長を感じる15歳までのお子様たちに安全で安心な、
より個々に合ったベストなメガネを届けたいと考えています。

道内では珍しい、お子様専門のメガネ店です。
圧倒的なフレームバリエーションとお子様に合ったレンズセレクト、
お子様に特化した専門的な知識を持ったスペシャリストが応対します。

お子様だからこそ、医療的な条件をクリアした中、
よりファッショナブルでかけ心地の良いメガネ選びのサポートをします。

全てのフレームは、ニコンエシロール社製薄型非球面レンズがセットの価格です。

ひと言で子供用メガネといっても、お顔の大きさや輪郭は千差万別。
プティ・ミニョンでは、サイズ、カラー、素材、トレンドを考慮し、様々なフレームをご用意するとともに、一人ひとりのお子様に合ったフレーム選びをお手伝いさせていただきます。
メガネが初めてのお子様でも、かけるのが楽しくなるような素敵なメガネ選びをサポートいたします。

お子様の使いやすさを第一に、
必要な保証ご用意しました!

安心

3つの保証

プティ・ミニョンでは、購入後も様々なサポートがございます。

  • 破損・度数変更

    メガネお渡し日より【3か月間】3回まで破損による交換、度数変更無料。
    ※4回目以降は半額負担となります。

  • 購入価格が半額

    【メガネご購入1年後】まで何度でも、お買い上げ価格の半額にて交換可能となります。

  • 購入後も無料

    フィッティング・クリーニング・視力検査が永久保証として、購入後ずっと無料でご利用いただけます。

  • ◯ 保証書は紛失されないようご注意ください。保証書が無い場合、保証は受けられません。
  • ◯ SALE商品・割引等を受けられた商品に関しては割引前の金額とさせていただきます。
  • ◯ フレームのキズ・外観の歪み・紛失・眼科的手術による視力変化は対象外とさせていただきます。
  • ◯ 同種類のフレームが無い場合はご購入金額相当の商品で対応させていただきます。
  • ◯ 保証交換の際、破損したメガネは当社が回収いたします。
  • ◯ 詳しくは店舗STAFまでおたずねください。

  • サッポロファクトリー2条館1階だから、お車でのご来店はもちろん、地下鉄やバスでも楽々アクセスできます。

  • 10年以上のキャリアを持つスタッフがお子様の目やメガネについて修練を積みなおし、快適で安心できる店づくりを目指しています。

  • フレームをはじめ、店内の商品は全て子供用。子供専門店ならではの、特殊グッズなども取り揃えていますので、お気軽にお問い合わせください。

PETIT MIGNON
プティ・ミニョン

札幌市中央区北2条東4丁目
サッポロファクトリー2条館1F 
GoogleMAPで見る

011-207-7888

AM 10:00〜PM 8:00

  • Q:お店で視力の測定は出来ますか?

    A:プティミニョンでは、一通りの視力測定に関する機器は取り揃えております。
    ただし、お子様の目は非常にデリケートですので、まずは最寄りの眼科さんへの受診をお勧め致します。

  • Q:子供にどんなタイミングでメガネをかけさせればいいでしょうか?

    A:学校等の視力測定の結果が思わしくない場合は必ず最寄りの眼科さんを受診しましょう。
    また、お子様ご自身が見えづらさを訴えた場合はもちろんですが、日頃の行動で気づいてあげることも大切です。
    目を細めてみたり、本を読みたがらなかったり、テレビ等に近づいて見るようになったりと、今までと変わった行動をとるときは注意が必要です。

  • Q:子供の視力は変わりやすいって本当ですか?

    A:成長期のお子様の視力は、大人と比べて変わりやすいといえます。
    成長期は身長が伸びるのと同様に、目の大きさも変化します。目が成長し大きくなると、近視が強くなってしまうため、
    成長に合わせたメガネの掛け替えが必要になってきます。

  • Q:子供のメガネはどのくらいの周期でつくりかえたらいいでしょうか?

    A:お子様が見づらさを訴えた場合はもちろんですが、そうでない場合も、半年~1年に一度は視力測定を行い、度数に変化がある場合は作り替えた方がいいでしょう。
    成長期のお子様の目は変わりやすいので、大人よりも短いペースでのチェックが必要になります。

  • Q:子供がメガネを掛けたがらないのですが、掛けさせなくても大丈夫でしょうか?

    A:残念ながらメガネをかけた姿がイヤだったり、掛け心地が煩わしかったりで、メガネを掛けたがらないお子様がいるのは確かです。
    しかし、メガネをかけないことで、視力がより悪化しやすくなったり、最悪の場合、いくら度数を入れてもしっかり見えない目になってしまうこともあり得ます。正しい度数のメガネを日常的に掛けることが大切です。

  • Q:そもそも視力が悪いというのはどんな状態なんでしょうか?

    A:一番多いのは、遠くが見えづらくなる近視ですが、ピント合わせがうまくいかず、目が疲れやすくなる遠視や、像がブレて見づらくなる乱視、それら複数が組み合わさる場合もあります。
    そういった屈折異常の場合はメガネで矯正できますが、それ以外の原因も考えられます。
    まずは、眼科さんで正しい指示をもらうことが重要です。

  • Q:子供にコンタクトを使わせようと思いますが、どうでしょうか?

    A:成長段階のお子様の目はとてもデリケートです。装用時間をしっかり守り、日頃のケアやメンテナンスがしっかりできるようになるまではお勧めできません。

  • Q:子供もブルーライトや紫外線のケアをしたほうがいいのでしょうか?

    A:お子様の目にも、ブルーライトや紫外線は悪影響を与えると考えられています。
    特にゲームやスマホ等、ブルーライトを多く含む光を発するLED製品を長時間使うお子様や、屋外に長時間いるスポーツ等をされるお子様は、その影響を受けやすくなってしまいます。
    プティミニョンでは、ブルーライト、紫外線対策のレンズも扱っておりますので、ご相談ください。